梅田哲也パフォーマンス「ゴミと箱と音楽」

その場にあるものや環境に自作の装置などを組み合わせ、現象そのものを音として生産・コンポジションし、ライブパフォーマンスやインスタレーションを中心に幅広く活動するアーティスト、梅田哲也。

これまでに、既存の展示空間のみならず、倉庫や廃校、旧道トンネルなどで展示をおこない、ホワイトキューブにおいても、壁の奥や天井裏などのデッドスペースをも魅力的な「素材」と捉えた作品を創出してきた。今回は2年半ぶりの関東での単独ライブパフォーマンス。場所は横浜美術館レクチャーホールというプロセニアムシアター。果たしてどのような空間が出現するか。。。

Official Site:
梅田哲也パフォーマンス「ゴミと箱と音楽」

会期
2012年2月18日(土)18:00・19日(日)17:00
会場
横浜美術館レクチャーホール

出演者プロフィール

梅田哲也
ライブや展示などの作家。空間の構造の穴を突き、ときにその場の状況を反転させるような行為。最近の主な個展は2011年「はじめは動いていた」VOXビル(京都)、「大きなことを小さくみせる」神戸アートビレッジセンター、「小さなものが大きくみえる」新・福寿荘(大阪)、2012年「待合室」オオタファインアーツ(東京, ~3/10)など。大阪在住。
http://siranami.com/

概要

主催:日本パフォーマンス/アート研究所、国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012 実行委員会
共催:横浜美術館
協力:国際舞台芸術交流センター

チケット
前売 2,000円/当日 2,500円
チケット取り扱い:インターネット予約のみ http://www.j-pai.net/trash_box_music/

お問合せ
info@j-pai.net