Tokyo Experimental Performance Archive

「Tokyo Experimental Performance Archive」 は実験的なパフォーマンスにおける継承と創作の サイクルを促す、創造的アーカイブのプラットフォームを構築していくプロジェクトです。20世紀初頭に生まれ、身体行為表現、美術、音楽等の間で発展して来た実験的なパフォーマンスという表現領域、その蓄積された歴史的コンテクストを再構築し、次世代の創作活動に繋げていく ことをミッションに掲げていきます。

Official Site: Tokyo Experimental Performance Archive

会期
2014年7月18日(金) ~2014年9月23日(火・祝)
会場
六本木 Super Deluxe

イベントスケジュール

2014年7月18日(金)
開演:19時30分
料金:前売2.300円/当日2.500円 ワンドリンク別途 (700円)
出演:大友良英、contact Gonzo
2014年8月30日(土)
開演:19時30分
料金:前売2.300円/当日2.500円 ワンドリンク別途 (700円)
出演:室伏鴻、伊東篤宏
2014年9月23日(火・祝)
開演:19時30分
料金:前売2.300円/当日2.500円 ワンドリンク別途 (700円)
出演:山崎広太、恩田晃

2014年9月15日(月・祝)
開演:17時
料金:前売2.300円/当日2.500円 ワンドリンク別途 (700円)
出演:藤幡正樹 (東京藝術大学教授)、太下義之 (UFJ リ サーチ&コンサルティング)、福井建策 (弁護士)、川口 隆夫 (ダンサー/パフォーマー)、向雲太郎 (舞踏家・振 付家・演出家)、大谷能生 (音楽家・批評家)、木村覚 (美学研究者、ダンス批評) 他

※開演19時30分、カンファレンスのみ17時開演
※各日、開場は開演の30分前

出演者プロフィール

2014年7月18日(金)

大友 良英
ギタリスト、ターンテーブル奏者、作曲家1959年横浜生まれ。実験的な音楽からジャズやポップスの領域までその作風は多種多様、その活動は海外でも大きな注目を集める。また映画やテレビの劇伴作家としても数多くのキャリアを有する。近年は「アンサンブルズ」の名のもと様々な人たちとのコラボレーションを軸に展示作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。震災後は十代を過ごした福島でプロジェクトを立ち上げ、2012年プロジェクトFUKUSHIMA!の活動で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。2013年には「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞他数多くの賞を受賞している。

photo by Choy Kafai
Performing Histories: Live Artwork Examining the Past at The Museum of Modern Art, New York

contact Gonzo
2006年結成。contact Gonzoとは集団の、そして方法論の名称、つまりローファイなスパークである。肉体の衝突を起因とする独自の牧歌的崇高論を構築し、パフォーマンス作品 や、映像、写真作品を制作。その背後には山がある。現在、事務所を自分たちで作りながら、そのスペースで時速百キロで飛ぶ果物を受ける肉体とその音を観察している。メンバーは個々においてもそれぞれの分野で作品を発表、もしくは日々料理や読書をしている。セゾン文化財団助成対象アーティスト。
http://contactgonzo.blogspot.jp

2014年8月30日(土)

室伏 鴻
ダンサー・振付家。1969年土方巽に師事。72年「大駱駝艦」の創立、旗揚げに参加。74年舞踏新聞「激しい季節」を編集・刊行、「アリアドーネの会」をプロデュース(のちに演出・振付)。76年舞踏派「背火」を主宰 。78年パリ『最期の楽園̶彼方の門』で、世界にButohが認知されるきっかけを作る。2000年ソロ『Edge』で日本での活動を再開、また「Ko&Edge Co.」で、『美貌の青空』『始 原児』『DEAD1』等を発表する。『quick silver』で2005年度、『Ritournelle』で2013年度の舞踊批評家協会賞受賞。ImPulsTanz、モンペリエ・ダンス、べネチア・ビエンナーレなど数々の国際フェスティバルに招聘され、放浪する孤高の舞踏家として世界各地で人々に衝撃を与え続けている。近年の共同制作として、バルタバスとの『ケンタウルスとアニマル』 2011、又、振付作品『Un coup de don』2012、『最後のニュース』 2012、『墓場で踊られる熱狂的なダンス』2013などがある。2013年『<外>の千夜一夜』(横浜赤レンガ倉庫)のプロデュースではダンスを越える試みとして高い評価を得た。ImPulsTanz、アンジェ国立現代舞踊センター(仏)、べネチア・ビエンナーレ、「瞬間の学校」等で若手ダンサーの指導にあたる。Ko&Edge Co. 主宰。

伊東 篤宏
1965年生まれ。1980年代後半より美術作家として活動を始める。 98年から展覧会などでサウンド・パフォーマンスを開始し、インスタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用 した自作音具「オプトロン」を制作。数々の改良を加えつつ現代美術側からの音あるいは音楽へのアプローチを世界各国で続けている。数々の個展やソロ・パフォーマンスの他にOptrum, 今井和雄TRIO, OFFSEASON, 等のバンドやユニットでも活動中。またここ数年はカールステン・ニコライらの「diamond version」へのゲスト参加やアンダーグラウンドHIP HOPレーベル「BLACK SMOKER records」からのCDリリース等、ジャンルや音楽スタイルの枠を飛び越えた幅広い展開を見せている。

2014年9月23日(火・祝)

山崎 広太
新潟県生まれ。舞踏を笠井叡、バレエを井上博文に師事。文化服装学院卒業。1995年より2001年まで、東京拠点のrosy Coを主宰し、国内外問わず多数公演。建築家の伊東豊雄他、コラボレーション作品を多数制作。2001年より、NYにも拠点に移しKota Yamazaki/Fluid hug-hug主宰。BAM (Brooklyn Academy Music)、Jacob's Pillow Dance Festival、Arizona State University、Bates Dance Festival、Chicago Columbia College Dance Center、PICA/TBA Festival、Japan Society、Melbourne International Festival、Dance Theater Workshop、The Painted Bride Arts Center、 Danspaceproject、シアターコクーン、新国立劇場他で作品を発表。現在、ベニントン大学ゲスト講師、コロンビア大学非常勤教授、近畿大学四谷アートステュディウム講師を務める。94年バニョレ国際振付賞、07年NYダンス・パフォーマンスアワード(ベッシー 賞)受賞。アフリカ、アメリカ、日本など4カ国のダンサーによる新作 (glowing) が2012~13年北米ツアー。その功績により2013年、Foundation for Contemporary Artsアワード受賞。他に2012年Urban Bush Woman作品『visible』に出演。2013年2月28日~3月3日、ARICA『ネエアンタ』に出演。2015年、建築集団so-ilとのコラボレーション新作”OQ”で北米ツアー予定。2009年より、Whenever Wherever Festivalを立ち上げ、ボディ・アーツ・ラボラトリーの代表。

恩田 晃
音楽家、美術作家、パフォーマー。日本に生まれ、現在はニューヨークに在住。カセット・ウォークマンで日記のように録り溜めたフィールド・レコーディングを用いた「カセット・メモリーズ」でよく知られている。音楽、映像、美術にまたがる幅広い分野で、メディアを縦断する活動を精力的に行っている。主なプロジェクトとして、前衛映画の巨匠ケン・ジェイコブスとの「ナーバス・マジック・ラ ンタン」、マイケル・スノウ、アラン・リクトとの即興演奏トリオ、サウンドアートの鈴木昭男とのサイトスペシフィック・ハプニング、美術作家ラハ・レイシニャとのコラボレーションなど。ニューヨークのキッチン、MoMA PS1、パリのポンピドゥー・センター、カルティエ・ファンデーション、パレ・ド・トーキョー、ロンドンのICA、マドリッドのラ・カサ・エンセンディーダなど、世界各地のフェスティバル、芸術センターに頻繁に招待され、パフォーマンス、上映、展示をつづけている。

概要

主催:一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所
企画協力・会場協力・運営協力:スーパー・デラックス
協力:藤森 純 (弁護士)
プロデューサー:小沢康夫 (一般社団法人日本パフォーマンス/アー ト研究所)
助成:アーツカウンシル東京 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
会場:スーパー・デラックス (港区西麻布 3-1-25 B1F)
チケット:前売2,300円/当日 2,500 円 ワンドリンク別途 (700円)
     ※日時指定・全席自由
チケット取り扱い:インターネット予約のみ 申し込みフォーム
ウェブサイト:http://t-epa.com/