本牧の夜~前野健太と友川カズキが歌う (本牧アートプロジェクト2013)

1964年本牧に誕生したクラブ「ゴールデンカッブ」。日本ロック黎明期に最新の音楽情報発信地であり、米軍相手にR&Bを歌っていた伝説のバンド 「ザ・ゴールデンカップス」もここの専属バンドだった。50年余の歴史もつ「ゴールデンカップ」は未だ当時の熱気と余韻が立込めている。多くの夢が語ら れ、愛が騙られてきたこの特別な場所で、繊細かつ野蛮、そしてもっとも高貴なボーカリスト前野健太と友川カズキがそれぞれの本牧の夜を歌う二日間。ディー プスポット本牧へ足を踏み入れてみてください。奇跡の夜は二度と起こりえないだろう。

Official Site:
http://www.honmoku-art.jp/

会期
2013年12月14日 (土)・15日 (日) 18:30-20:00
会場
ゴールデンカップ(バス停留所「本牧二丁目」下車1分)
出演
前野健太(14日)、友川カズキ(15日)

出演者プロフィール

前野健太/シンガーソングライター
1979年生まれ。2007年に自ら立ち上げたレーベル"romance records"より『ロマンスカー』をリリースしデビュー。2009年ライブドキュメント映画『ライブテープ』(松江哲明監督)に主演として出演。第 22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」で作品賞。2013年1月、ジム・オルーク氏をプロデューサーに迎え制作された4枚目のアルバム『オレら は肉の歩く朝』を発売し、同年7月「FUJI ROCK FESTIVAL'13」へ出演。12月11日にニューアルバムをリリース予定。

友川カズキ/詩人・歌手・画家・競輪愛好家・酒豪
1950年生まれ。70年代初頭、歌手活動を開始。75年にファースト・アルバム『やっと一枚目』以後、86年まではメジャーで、以後インディーで計30 作を超える作品を発表。執筆活動や画家活動も行い、エッセイ集『生きてるって言ってみろ』(展転社)等がある。2010年ドキュメンタリー映画『花々の過 失』(ヴィンセント・ムーン監督)公開。同年、初の歌詞集『友川カズキ歌詞集 1974-2010 ユメは日々元気に死んでゆく』を上梓。2014年1月 に新譜『復讐バーボン』を発売予定。

概要

企画・コーディネイト:小沢康夫(一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所)
主催:NPO法人Offsite Dance Project(本牧アートプロジェクト)
チケット:前売2,500円/当日3,000円(1ドリンクつき) ※各回限定60名